1月6日(土曜)・7日(日曜)・8日(月曜)の3日間、
施主様のご厚意により、自然家見学会を開催します!

懐かしいけれど新しい和と洋のモダンな家

宮崎市小松の住宅街の一角に、昔ながらの京都の町家を思わせるような、それでいて現代建築のテイストも感じられる家が完成しました。ゆるやかな曲線を描いた屋根やカラフルな六色の格子、大きな丸窓のモダンな外観に、室内はどのような空間が広がっているのか想像がふくらみます。
1階は床の間やいろりのある純和風の部屋と、大きな窓からウッドデッキに出入りできる洋風のリビング&キッチンという全く異なる空間が広がっています。しかし細部にまで気を配ったデザインや色使いで、全く違和感を感じません。さまざまな色の木材を組み合わせた吹き抜け部分の壁や、その色をポイントに取り入れた床の間・食器棚が空間に一体感をもたらします。
照明や建具にも一工夫してあり、どこか懐かしいけれど新しいー。そんな気持ちにさせてくれます。

家造りの知識や思いを見学会で伝えたい

アレルギーなどがある奥さまの要望もあり、県産材を使用するだけでなく壁も漆喰(しっくい)にするなど徹底的に自然素材にこだわりました。
また田舎暮らしにあこがれ、いろりを囲んで家族や友人と食事を楽しみたいというご主人の夢も実現しました。
「家造りがめまぐるしく進化している中、昔ながらの家造りは忘れかけた日本人の『和』の心も呼び覚ましてくれると感じます。
価格・素材・構造・デザインなど建てる人にとって優先順位が異なると思いますが、どれも大切なことです。
見学会では一つ―つ説明させていただきたいと考えています。家造りの参考にしてもらえるとうれしいです」。
『自然家』の家造りを、見るだけでなく心と体で感じてみませんか。

カラフルな色使いとデザインがおしゃれなキッチンの食器棚は『自然家』オリジナル。

囲炉裏のある和室。床の間の色使いや照明のセレクトでセンスあふれる空間に。

寝室側から吹き抜けをのぞくとこのような光景が。

一人の大工さんが板を切り、もう一人がデザインを考えながら貼っていった壁面。リビングを華やかに演出してくれます。

自然家見学会
「懐かしいけれど新しい和と洋のモダンな家」

日程:1月6日(土曜)・7日(日曜)・8日(月曜)、10:00~17:00
会場:宮崎市大字小松1429-4